キャッシングと審査について話します

私は先日まで普通に暮らしていたのですがちょっとしたトラブルから急にまとまったお金が必要になり、いきなりだった事もあり親族や友人知人に頼る事も出来ないので止むなくある金融会社にお金を借りる事にしました。

 

借りる事を決断したまでは良かったのですが結婚して仕事を辞めていた事もあり当然収入はありません。とりあえずと思い金融会社でキャッシングに関する書類審査をしてもらった結果、案の定ですが審査に落とされました。

 

簡単に審査を通るとは思っていなかったのですがやはりキャッシング出来なかった事はショックでした。私自身の審査ではキャッシングが出来ない事を納得した私はある手段に出る事を決めました。内緒で夫である旦那の給与明細と貯金通帳を持参して再度キャッシング出来ないかをたずね、また再審査して頂ける事になりました。まとまった金額と言えど非現実的な金額でもなく一年もあれば完済出来る額だった事もあって再審査の結果、何とかキャッシング出来るようになりました。

 

やはり感じていた事ですが担保に類するものがあるとキャッシングするには非常に有利になると言う事がわかりました。しかしこのような手は禁じ手とも言えるような事なので相手に知られないようわからないように実行する事です。